終の棲家~館ヶ丘団地

歳をとるってことは素敵なことです・老けるのではなくゆっくり熟していくと考える・
生涯現役で働く気持が大切・辞める時の理想は静かに引退・
老兵は未練を残さず静かに消え去る.・

<市長の回答にはたまげた・・>

 
朝方・焼却場で担当者たちと1時間余り話し合いをした・・

職員が切り出したのは<住民説明会の開催>・・
小生が求めていたのは<コンパクトの銭湯>の進行状況の確認でしたが・・曖昧モコモコ・・話が進まない・・

 しばらく種々な話を、していたが・・職員が1枚のコピー<平成28年市長と語る保存版の26ページ>を、持ってきて・・

所長がこの通りで市長は<6月25日・当日の回答>で終結していると考えている・・

申し訳ないが、職員としては・・これ以上この件<コンパクトな銭湯の提案>には、回答ができない・・

呆れ果てた・・だれが見ても一目瞭然違いが歴然としている・・
担当の職員に後はよろしくでは・・責任者としていかがなものかな・・

小生は職員や社員として働いた期間が短いので・・上下関係はわからぬが・・
行政や大企業のトップは・・このような者たちなのか・・


平成28年市長と語る>から・・小生の発言抜出し・・
意見・要望等要旨 (発言者)  No39
 【新館焼却場を再生可能エネルギーの拠点にする】
 近い将来、東京でも首都圏直下地震の発生が心配されている。
 八王子市でも、通常は多くの住民が利用し、緊急事態には被災者支援ができる施設が望まれる。

 新館焼却施設には、いつでも住民が気軽に利用できる<コンパクトな銭湯の設置>
を提案する。
 焼却炉は効率の良い2炉方式を採用することで、災害時であっても施設機能を発揮することが可能と聞く。
また、蒸気回収システムの採用で、熱回収率が 50%以上となるが、補助電源と
 して敷地内にいくつかの再生可能エネルギーの設備をプラスしたらどうか。


 <市長答弁要旨 >
 現在、市内に2か所ある清掃工場の老朽化が課題である。将来にわたって安定
 的で継続的なごみ処理を行うため、稼働を休止している館清掃工場を解体し、新
 館清掃工場の建設を予定している。

 太陽光発電などの再生可能エネルギーは、災害時の対応や、地球温暖化対策と
 して有効な手段のため、技術的な動きを見据えるとともに、市民の皆さんの意見
もお伺いしながら、効果的なエネルギー活用ができる方法で導入を図っていきたい。
 

 * 小生は<コンパクトな銭湯 + 補助電源>を、提案している・・是非もない回答には納得もいかないな・・
誰一人忠告する人もいないらしい??・・裸の王様になってしまうよ・・

 







 




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。