終の棲家~館ヶ丘団地

歳をとるってことは素敵なことです・老けるのではなくゆっくり熟していくと考える・
生涯現役で働く気持が大切・辞める時の理想は静かに引退・
老兵は未練を残さず静かに消え去る.・

<不動産コンサルタントの提案>


私の<提案>が、難しいとの指摘があったので・・
誰にでも分かるように簡略化した<提案>に変更しました。


 団地内の<団体~グループの代表>に提示した・・
交渉は各人が、自由にすればよいが・分からない方々の参考になれば幸いです。


老兵の最後のご奉公と考えています。
 要請があればいつでも説明・支援する覚悟です。


         <引っ越しに伴う・主 な 問 題 点>
* その他移転費用~<15万5千円>では、足りない所帯が、大半です。
● 住所変更に伴ない、手間や諸雑費 (カード類・各種証明書他)が、かかる。
    2人以上の所帯では、かなりの出費になります。
● 移転先住居によっては<網戸やカーテン他>が、使用できない。
● 所帯によって<量や内容>が異なりますが、引っ越しに伴い<不用品等>が、   でます。 処理には想定外の費用が、かかります。


 * URの他の団地及びUR以外に引っ越しするケースでは
   その他移転費用 <43万4千円>を、計上しています。
   <格差>をつけるのは、納得できないので・同額に変更してもらう。


 * 引っ越し業者の選定
   引っ越し日が重なったり、相性も予想されますので、URの指定する業者は、      <知名度・実績のある数社>を、紹介してもらう。


* 費用の支払い時期
●  移転先契約締結時に 1/2   引っ越しが完了時に 1/2


* 一時使用賃貸借契約への切り替えと覚書の交換
●  トラブル回避で、転居先住居が確定した時に、交換する。


交渉は、Win&Winの関係・・落としどころが大事です・・マスコミの餌食はゴメンです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。