終の棲家~館ヶ丘団地

歳をとるってことは素敵なことです・老けるのではなくゆっくり熟していくと考える・
生涯現役で働く気持が大切・辞める時の理想は静かに引退・
老兵は未練を残さず静かに消え去る.・

<伝説の三国峠演説>



書籍名~   <田中角栄 ・昭和の光と闇 >
 著者~   服部 龍二 さん~ 中央大学総合政策学部教授
 出版社   講談社現代新書


 小生の大好きな政治家は・・第一に<田中 角栄>何が何でも角栄さん・・


次に・後継者の<小沢一郎>さん・・
民主党の愚か者たちは、同僚を擁護もしないで・寄ってたかって、引きずりおろして・・
求心力を失って・・分裂を繰り返して・情けない限り・・


田中角栄・幹事長は・・、
 昭和47年に大風呂敷と揶揄された<日本列島改造論>を、発表した。      、
 日本中が、熱気にあふれ。空前の土地ブームになった。


 当時30代前半の小生も絶頂期・・
● 茨城県牛久町奥野地区で、工業団地予定地・30万坪X3地区・・合計90万坪
● 茨城県伊奈村(常総市)で、住宅団地予定地・70万坪
● 山梨県双葉町(甲斐市)で、ゴルフ場予定地・30万坪


 常磐道もない~中央道も大月まで・・連日長距離を、移動していた。
 48年石油ショックで日本経済が破綻するまでの2年間・・
自宅に帰れない日も多く<超人>と言われるような生活だった。


 田中首相が辞任されたと、同じ頃に小生は<奈落の底>に連絡した。


 久々に伝説の<三国峠演説>が記載されていた・・


 まアねエ、この新潟と群馬の境にある三国峠を、切り崩してしまう。
そうすれば日本海の季節風は太平洋側に抜けて、越後には雪は降らなくなる。
 皆が大雪に苦しむことはなくなるのであります。


ナニ、切り崩した土は日本海に持って行く
埋めたてて佐渡を陸続きにさせてしまえばええのであります。
 若い私の声明を賭けた実行力を、信じて下さい。 皆さん!


 <口先だけの安倍総理>を、筆頭に<金太郎飴>に辟易している。
コピーで結構・・このくらいの<大風呂敷>を拡げてみたら・・


書籍自体は・角栄さんの歴史を並べただけ・・面白味もなかった。
 先般読んだ石原慎太郎さんの<天才>の印象が強く残っていたのでしょう。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。