終の棲家~館ヶ丘団地

歳をとるってことは素敵なことです・老けるのではなくゆっくり熟していくと考える・
生涯現役で働く気持が大切・辞める時の理想は静かに引退・
老兵は未練を残さず静かに消え去る.・

<恩師・NO2~秀島 豊社長>


<不動産業界の恩師~ 大都リッチランド(株) ・ 秀島 豊社長


 小生は、昭和40年12月中旬~3年余りの闘病生活から抜け出し<背水の陣>で、東京に戻って来た。


 昭和41年1月に別荘地を販売していた<大都リッチランド>に、入社し不動産業界1年生になった。
 当時不況になった<証券会社・保険会社>等からの転職組が大半だった。


 年齢も大学新卒から50代までバラバラでした。
 毎月<営業職>を、大量募集(50名以上)


 1週間の研修を終わると大半が離脱して残るのは半数いない・・
泊りがけで<那須・塩原>方面に、現地見学~案内練習をすると、残るのは10名弱


 <熊や猪>が出てきそうな<原野及び山林>にブルを入れただけの現地、
 勿論水道は無い~<自家水道・可能>と宣伝。 
ちょっと掘っただけでは井戸水はでない??


 社内の動向を観察していると不思議なことに新人は成績が上がる。
 保険会社の女性営業員と同一で <親類・知人>を、一回りして終わり・短期に行き詰まって退社の繰り返し・・


現在でも<ハウスメーカーやマンション販売会社等>でも同様の傾向が、続いています。
 1年経過すると半分の新人が退職する企業も多い・・それを見込んで大量の新卒を募集している



小生は当初から2~3年一生懸命勉強して独立したいと公言して入社したので<空手形>では、退社しないと決めていた。
 慣れない<飛び込み営業>何度も挫けそうになったが、頑張った。


 3ケ月後、同期の生き残りの中で一番遅く<契約>ができた。
 社長室が開いていたので<秀島社長>に初めて契約ができました。
ありがとうございましたと・・謝礼の挨拶をした。


 翌日の朝礼で社長が、当社では初めて<契約が取れたと報告~謝礼>に来た者がいる。
 1本の契約は上司・運転手・現地の社員等大勢の力で成立していることを忘れてはいけない。


 8月に結婚した時は案内状は、出していなかったが、カメラマンを連れて<飛び入り>で式場に来られ<挨拶>を、していただいた。


 <新婚旅行はどこに行くのだ>
 明日現地案内があるので行きません。夏休みに予定しています。
 式に列席していた上司に・・担当を変えて休暇を取らせなさい・・指示された。


 <車を出すから好きなところに行って来い・・社長命令だぞ>
 式の後に急遽予定を変更して自宅に戻り、近くの山宿に出かけた。


その後社長直轄の<調査課>が、編成され・その部署に配属されて<社員教育・実地調査・案内コース選定>等の、業界人の礎となる部分を徹底的に勉強させてもらいました。


 前例のない部門ですので・何から始めてよいのやら・・死に物狂いで勉強した・・
<調査~企画>が、一番最初で一番大事な作業です・・


不動産業界で50年余り泳いで来られたのは、若い時に<裏方修行~苦労は買ってでもしろ>の基礎教育の賜物です。


 1年後会社に反旗を翻し<七人の侍>で独立しました。
 <立鳥後を濁さず>とはいかなかったのが残念でした。


 数年後業界の会合があったホテルでお目に掛かり<挨拶>すると・・初から骨のある若者と見込んでいた・
<立派になってよかった・・うちの卒業生だからな>笑って迎えてくれたのには感謝~感激でした。
その時の出会いは、一生忘れられない一時でした。


デコボコの砂利道から舗装道路に出たら気を付けて運転するように・・
会社の朝礼で聴いた訓話を、結婚式の祝辞でも話された・・


<油断するな>ということでしょう・・
小生は、若干脇が甘いので出し抜かれたり便乗されたり・・
癪に障わることもありますが・・人種も違うし・・人間性もそれぞれだし・・





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。